彫ウッド和田では、木彫刻をしている中で主な使用材料として 『朴(ほお)』という木材を買い付けて制作しています。 動画は、木材市場で買い付けた丸太を製材所に持ち運び 製材している場面です。 ☆音が大きいのでご注意下さい☆ 滅多にないですが、芯が腐れたハズレがあるときは凹みます。 制作するものは時計・レリーフ・小物・ブローチ他、材料の厚みをしっかりと把握してから 在庫を確認して製材しています。   現状は機械を外す製材所が多いこの頃、ここは頑張ってます!   次回は木彫刻の他に、どういうものに使用されてるかをお知らせします☆