おはようございます。UPし忘れていた記事。 先日、仕事で菊池・人吉に…、買付けた木の製材を挽いてもらいに行ってきました。 今回来た製材所は家族経営で、他は機械を外すとこが多く、残っていく製材所に集中する。 結構なご年配の方が多いし、若手がもっと出てこな~と・・・声が多い。 ・・・同感!木造住宅が増えるしね!   1時間経過したところで機械に問題が出て中止。 『ごめんね~折角来てもらったのに・・・』とまた後日、出向く事に。 気を取り直し人吉では昔から行ってる『きじや』に。 人吉市内から山奥に続く長い細道を運転すること15分、看板はちょくちょく出てるけど初めての人はたどり着くのかと思う。多分。 少し焼き過ぎが好きな自分は、雉肉は弾力があるんでさっと炙る程度。刺しも湯霧で中は生。清流の水音を聴きながら食べるのいいね。 秋冬シーズンは毎年来たくなるきじやでした。 きじ肝刺し美味かった。